潰瘍性大腸炎 闘病記録 ~ 日本酒がいい感じ?

もちろん潰瘍性大腸炎が再燃している状態ではアルコールはNGですが、寛解状態なら飲むのもありですよね。私はお酒大好きですし、長年晩酌してましたのでこの病気の状態さえ良ければ基本飲みたいのです(笑。

ただ潰瘍性大腸炎持ちは、お酒の種類も選んだほうがいいです。お腹のために。

潰瘍性大腸炎 日本酒

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

日本酒って胃腸に優しい? お腹の具合もいい感じになりました☆

やっぱり潰瘍性大腸炎持ちはビールは止めておいたほうがいい

今まで20年ほど、好きなお酒はずーっとビール、、、でした。潰瘍性大腸炎の重症で入院、、寛解状態になり退院してしばらくしてから、またビールを飲み始めたのですが、やっぱりビール飲んだ翌朝は調子崩すことが多いんです。再燃ほどには悪くはならないんですけど、便が下痢気味で、急に便意をもよおす切迫便みたいになることが多々ありました。

またビールって酔うのに結構量を飲まないと酔わないので、逆につい飲み過ぎてしまうんですよ。そうすると夜にトイレで起きることが増えるしコレも良くない。それに脂っこいものが合いますからね、ビールって。これまた腸には良くないww。

そもそもビールは体を冷やしますし、炭酸は腸を刺激するので良くないと言われていますしね。ここで思い切って、マイ・メインアルコールを変更することにしたんです。

色々と試してみた結果、日本酒がベストの選択っぽい

そこで、ワインや焼酎、ウイスキー、日本酒などいくつか試してみました。このあたりは体質などによって人それぞれだと考えられます。自分のカラダからのフィードバックを元にそれぞれトライしてみるのが一番です。私は日本酒が具合がいいことが判りました。

  • 日本酒はアルコール分が高く少量でも酔えるので多飲しにくい
  • 熱燗など温めて飲めるので、体を温め胃腸にも刺激を与えにくい
  • おつまみは基本なんでも合う。健康的な和のものに相性抜群
  • 翌朝の体のスッキリ具合がビールより良く、下痢になりにくい

また、一説によると日本酒に含まれるアミノ酸やペブチドに胃腸を丈夫にする効果があるそうです。

お酒はほどほどに、適量を守ることが大切

もちろんお酒はお酒なので適量を守るというのが基本ですが、日本酒1合2合ぐらいをぬる燗や熱燗にして、健康的なおつまみとともにゆっくり味わって飲む、これがベストなんですよ! 最高のリラックスタイムになりますwww

お酒大好きな潰瘍性大腸炎持ちは、日本酒を試してみるのも一考ですよ~

ではでは、kurisan☆@kurisan1970でした。

潰瘍性大腸炎について、他にも色々書いています。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

kurisan1970をフォローする