相場修行:筆記用の道具がやっと揃った

やっと重い腰を上げて、昨日に新宿の世界堂へ筆記用の道具を揃えに行ってきた。

1mの定規を除いて(荷物かさばるから別途通販で購入することに)、必要なものはほとんど揃ったと思うけど、三角定規は自信が無いな。製図用のもので目盛りがないやつで良かったのかな? ってかそれしか置いてなかったけど。

相場修行:筆記用の道具がやっと揃った

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

ようやくスタート。かかるコストは意外に低い?

しめて5万ほどだけど、ほとんどM800にかかっているから、それを除けば1万もかからないはず。インフラにかかるコストはけっこう低い。

相場修行:筆記用の道具がやっと揃った

あとやり方は・・2〜3日、夜も眠れないほど悩んだがww、、中源線を基準にしばらく練習してみようと思う。なんかこないだ池袋行ったときも、その後、中源線の本を読んだときもピンと来たんだよな。うん、だから直感で。

よって場帳は終値に中源線の法示とポジションが入るものに即日変更した。中源線でも終値ベースの新値カウントが必要だから、マル・バツ・サンカクの猫式を継承した。

併せて三種の神器のひとつ、玉帖と現金出納帳を作ってみた(FAI式の真似)。これは意外に揃えていない人が多いのではないかな、、立花さんの本には上達のため必須と書いてある。

そして、、今まで持ってた建玉をいったん全部切った。もう容赦なくぶった切ったw。お金も整理してゼロからスタートする必要があるから。2年ほど持ってた株もあったが、意を決して全部当日の引成で処分した。幸いなことに小々の利食いになった。

M800は、、今回も前回来たときも在庫のものは試し書きさせてもらったが、このEFの緑縞の個体がペン先が硬めだったから(柔らかいのより硬めがしっくりくる)、これにした。万年筆売り場の店員さんに使い方を教えてもらった。なんかペリカンに憧れがあるらしく、ずいぶん羨ましがられたが(最近やっとペリカンのボールペンを買ったそうな)、物書く人には一種のステータスなんだろう、僕にはまだ猫に小判だけどw

さてと、やっとブツが揃ったんで、折れ線のグラフから描いてみようと思う。

しかし、このB1の紙、箱から出したがすげー丸まってクセがついている、これをどうしたものか。。。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

kurisan1970をフォローする

コメント

  1. key より:

    こんにちは。
    猫さんから頂いたコメントを転送します。

    グラフ用紙はカール状なので全部ハコから出して、バーに反対向きにかけて海老反り状で延ばすと書きやすい。3-4日で戻ると思う。10センチ刻み(縦において)で1枚に10本平行線を薄い鉛筆で書いておく。

    データはファイナンスからプリントしておくと良い。書いた部分はチャックを入れて1年12本ハコ足があるかどうか確認して進む。陰線の着彩は数年分ボールペンで書いたあとデータを確認後にまとめてやるほうが仕上がりが美しい。

    • kurisan☆ より:

      keyさん、こんにちわ、
      コメントありがとうございます!
      グラフのほうは、このやり方でなんとかやってみます。