神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

私が中学生の時から、一貫して大好きなギタリストのマイケル・シェンカー。

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

たしか今年2016年の5月頃だったと思いますが、たまたまWebを見てたら、TOKYO ONKYO ROCK SITEでなんと今年マイケル・シェンカーの来日が告知されているじゃあ~~りませんか!

それも歴代のボーカルのゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マッコーリーを引き連れて、です。

しかもベースはクリス・グレン、ドラムはテッド・マッケンナとか、なにこれ、ベストメンバーじゃないですか!!!

マイケル・シェンカー・フェスト 日本上陸決定!

マイケル・シェンカーフェスタ2016の来日メンバー:

Michael Schenker (G)
Gary Barden (Vo)
Graham Bonnet (Vo)
Robin McAuley (Vo)
Chris Glen (B)
Ted McKenna (Dr)
Steve Mann (G/Key)

好きでCDなんかは全部持ってますけども、生でライブは観たことが無かったんです。

それで、もうマイケルも60歳超えだし、そろそろ見ておかないと、来年は来ないかもしれないし、後から後悔したくなかったので、迷わずWebの先行予約で8月24日の東京国際フォーラムのマイケル・シェンカー・フェスタに申し込みました。

全席抽選とのこと。

運命の8月24日@東京国際フォーラムで本物の神とやっさんをみた!!

そうこうしているうちに、公演日の2週間ぐらい前だったかな、チケットが送られてきました。

席はもちろんマイケル側を期待していたんですけど、残念ながら真ん中の左側でしたね。まぁ、抽選なのでしょうがないですね。

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

チケット、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今回の私的な見どころは、初のマイケル・シェンカーのライブ観戦ということで、とにかくギターぶん投げないで最後までライブをやってくれよ、ということと(笑

あとグラハム・ボネットを見れること。私このボーカル大好きなんですよ。なんというかシャウトというかこの人独特の暑苦しい「ガナリ」がね。

ヤッサンみたいなルックスも最高ですよwww。

もちろんマイケルはYoutubeなんかで聴く限り全盛期に比べても、衰えてませんよね、、、

むしろ進化して上手くなってるのではないか、このあたりも自分の目と耳で確認したいところです。

ライブ当日は若干出遅れ、ライブ会場でのグッズが一部売り切れに・・(泣)

ライブに行くということが、そもそも数10年ぶりのため、当日はのんびりして家をでるのが遅れたんですよね。

そしたらツイッター上のタグ#マイケル・シェンカーで検索したら早く到着した人から会場の情報がツイートされてて、どうやらグッズなどの物販の先行販売に行列ができるとのこと。

恐るべしマイケル人気ですね。来年に来日があったら絶対に早く行きますわww

で、急いで家を出て有楽町の東京国際フォーラムのホールAに向けて出発しました。

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

開場の1時間ぐらい前に到着しました。

まぁ、こういうところ来るの久しぶりですけど、もうひと目でこの人マイケルのファンね、みたいなMSGのロゴ入りTシャツや、80年代のメタルバンドのTシャツを着た中高年の紳士・淑女の方々がたくさんいらっしゃって、ある種、異様な光景ですwww。

たぶんマジョリティーは50歳前後じゃないかな。女性も結構いましたね。

雑誌BURRN!でお馴染みの伊藤政則さんもいらっしゃったようです。

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

そしてすぐにグッズ売り場に向かいます。すでにかなりの人がいましたが、まだそんなに並ばずにグッズは買えましたが、後から見たら一番欲しいと思った

C:マイケル・シカゴ1978 Tシャツ (S、M、L、XL)¥3500

が売り切れてました。これUFO時代のマイケルなんで欲しかったんですが(泣)

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

結局、メンバー名入りTシャツをゲットしましたv

B:メンバー名入りTシャツ (S、M、L、XL)¥3500

その他にも、CD売り場もあってサイン入りや生写真などオトクな特典付きのアルバムが売ってましたね。

ライブの開始時間19時の30分ぐらい前になるとグッズ売り場は長蛇の列で、並んだ挙句に買えなかった人も多かったのではないでしょうか。

18:00開場 DEANギターの販促ブースに人だかり!

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG18時になると開場になりました。

この東京公演はライブが録画されるそうで、あとからDVDも発売されます。そのためなのか開場前の様子をカメラマンが撮ってました。ひょっとしたら私も映ってるかもしれませんww

何気に人気があったのが、マイケルがエンドース契約しているディーンギターの販促用のブース。ディーンの営業と思しき人もいましたが、とにかくにみんなこのマイケルVのブースを撮りまくってましたwww

ライブの後にお茶ノ水のクロサワ楽器にDEANのギターを見に行ったんですが、そこの店員さんと話したら、どうやらこの展示してあったギターはクロサワ楽器が販促のため展示したんだそうです。

お店に全く同じやつが置いてましたね。ライブの後、すぐに数本があっという間に売れたそうです。

私は、逆V字のバルタンヘッドはあまり好みではないのと、昔のマイケル、すなわちGibson V時代が好きなんで、たぶんDEANは買わないかな。

でも、やっぱりマイケルが持つとカッコイイよね。

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

真ん中のやつはお値段80万円!

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

ひとしきり写真を撮ったあとは、会場の自席を確認しに行きました。

この有楽町国際フォーラム・ホールA、かなり広いです。2階席もありますからね。

まだ開演前なので、最前列に行ってステージの写真を撮りましたよ。ハードロックのライブらしいマーシャルアンプの壁がかっちょいいです。ま、実際使うのは数台でしょうけどね。

自席を確認して、まだ時間があったんでグッズ売り場近くの売店でビール呑んで時間つぶしました。

かなり開演時間に近づいてますが、グッズ売り場にエライ並んでます。8月24日は水曜日の平日だったんで、会社終わって急いで駆け付けた人も多かったのではないでしょうか。

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

神とやっさんを見た!マイケル・シェンカー・フェスト観戦記@東京国際フォーラムホールA 2016年8月24日 Michael Schenker UFO&MSG

19:00開演、怒涛の名曲オンパレードに感無量のひとときを過ごす

開演時間が近づき、ロックなSEが流れていた会場が暗転、いよいよ始まりです。

マイケルのエモーショナルかつ扇情的なソロから、マイケルとメンバー登場!

そしてInto the Arena(アルバム:)の3連リズムのリフが始まりました・・・・・・

もう、この時点で舞い上がってしまい、感動で鳥肌経ってました。中学生でギターを始めてからずっと聴いてる・弾いてる曲だから、もう30年ぐらい経つわけです。

それでですよ、やっとこうして生の本物の演奏を聴いているわけです。

もう言葉になりません。。

どうしてもギタリスト目線で聴いてしまうわけですが、まぁこのリフのリズムもすげータイトに弾いていたし、ソロ途中の速いスライドで上昇していく部分や、コード分解のちょっとむずかしいフレーズも難なくクリア、クリス・グレンのベースソロからお約束のキーボードとのユニゾン部分に入って、メロディアスなエンディング・ソロまで、完璧!

ほぼ原曲通りに弾いてくれたんで、感激でした。

どうやらマイケルは調子が良さそうです!

この後、ゲイリー・バーデンが登場し、さらに怒涛の名曲ラッシュが始まりました。

このライブは全体を通して曲間のMCなどがほとんど無く、次から次へと進行していきました。メンバー皆、歳だからかなww。

神話から大好きな”Let Sleeping Dogs Lie”。もちろん永遠のギターアンセムの”Captain Nemo”(アルバム:限りなき戦い)も”パーペキかつナイス”でした←昔のヤングギター風(笑

どの曲も想い入れがある曲ばかりで全て良かったのですが、特に見れて本当に良かったなぁ~と思うのは、やはりグラハム・ボネットが歌ったライブ中盤の3曲(アルバム:黙示録)。

特にDesert Songは初めて聴いたマイケル・シェンカーの曲で、自分でもコピーして弾いたりしたので、想い入れがあるんですけど、イントロでマイケルがジャッジャとコード鳴らす部分で、もう感極まってしまって一人泣いてましたww。

グラハム・ボネットも声出てたんではないでしょうか。すごい熱いシャウトが聴けました。っていうかグラハム時代の曲、もう少しやって欲しかったです。

“Assault Attack”も迫力あってめちゃカッコ良かった。

イントロのインパクトのあるリフでチビリそうでしたし、中間部の3連アルペジオも完璧でした。

それと”Dancer”が聴けるとは!、これも名曲ですよね~~~。東京公演の後の札幌公演では、これらに加えて”Broken Promise”もやったそうですね。札幌で聴けた人、羨ましいです。

まぁとにかく死ぬまでにオリジナルのボーカルで大好きなアルバム「黙示録」の曲が生で聴けただけでも、本当に有り難いです。一生の思い出になりました。

このあとはロビンに変わって、後期MSGの曲をいくつかやりましたが、やっぱりUFO~初期から中期MSGのファンが多いせいか、このパートは盛り上がりに今ひとつ欠けていたような・・・やっぱり昔の曲のほうがみんな盛り上がりますwww

最後はロックアンセムの”Rock Bottom”(アルバム:現象)のなが~いマイケルのソロでシメ。

アンコールはお約束の”Doctor Doctor”でした。

“Doctor Doctor”はいつものライブアレンジでキーボードのイントロにマイケルのソロパートがあるんですが、最初テッドがドラム叩いてなかったんでマイケルが「叩けよ」ってジェスチャーして怒ってましたね。

セットリスト:マイケル・シェンカー・フェスタ 2016年8月24日(水)東京国際フォーラム ホールA

  1. Into the Arena
  2. Attack of the Mad Axeman
  3. Victim of Illusion
  4. Cry for the Nations
  5. Let Sleeping Dogs Lie
  6. Armed And Ready
  7. Coast to Coast
  8. Assault Attack
  9. Desert Song
  10. Dancer
  11. Captain Nemo
  12. This is My Heart
  13. Save Yourself
  14. Love Is Not a Game
  15. Shoot Shoot
  16. Rock Bottom
  17. Doctor Doctor (アンコール)

まとめ:あっという間の90分で本当に行ってヨカッタ! 来年も来てくれ~

曲間がほとんどなかったこともあって、あっという間に終わりましたが、とにかく感動感激の90分でした。本物を観るというのはやっぱりいいもんです。

幸いなことにマイケルは調子が良さそうで、ギタリストとしてのキャリアも円熟期を迎えているのではないでしょうか。

昔に比べたらかなり精神的にも安定・充実しているようで、観てても凄くリラックスして楽しそうにギター弾きまくってました。

来年も是非このメンバーで来日して欲しいですねぇ。そしたら絶対今度もチケット取って早めに会場行きます(笑

会場のホールAは広いからなのか、私の席位置が今ひとつだったからなのか分かりませんが、PAの聴こえ具合と音の分離は改善の余地があったように思いますね。

来年は中野サンプラザでやって欲しいなぁ~、マイケルといえばここでしょ。

ライブ行かれた方はコメントで感想を聞かせてください、、よかったよね!?

それからマイケル・シェンカーってファンクラブみたいなの日本にあるんでしょうか。どなたかご存知でしたらあわせてコメント↓でご教授ください(^^)

最高の夏の想い出になりました。

Thanks, Michael!!!!