筋トレの効率を上げるグッズ2つ: Wバーとクリップ式バーベルプレート止め

相変わらずマイペースでオッサン筋トレを継続しているKurisan☆ですww。

今回は「おっ、これは便利!」と思える筋トレ小物グッズを2つ紹介します。

これはあると凄く筋トレの効率向上に寄与するものですね。

買って良かった筋トレグッズ2つ: Wバーとクリップ式バーベルプレート止め

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

腕や肩の筋トレにWバーをゲット! バーベルみたいな使い方も一応可能

買って良かった筋トレグッズ2つ: Wバーとクリップ式バーベルプレート止め

普段、自宅ではダンベルセットで筋トレしているのですが、ダンベルって左右独立して筋トレ出来るのが利点なんですが、それが逆も然りで難点でもあるわけです。

すなわち手幅を固定したくても出来ないんですよね。特に私の場合はローイングやアップライトロウが好きな種目なんですが、これをダンベルでやると左右の手幅が一定しないので、それが不満だったんですね。

とは言え、通常のバーベルシャフトは長すぎて自宅では使えません。

そこで目をつけたのがこのWバー。基本的にはアームカールなどで使われるものですし、折れ曲がったデザイン上、持ち手部分は限られてくるわけですが、一応バーベルみたいな使い方も出来そうです。

IROTEC(アイロテック) レギュラーWバー

で、使ってみましたが、やっぱりこれは便利ですね。両手でのアームカールも全力で行けますし、お目当てのローイング、アップライトロウなんかも全然OKでやりやすくなりました。特にアップライトロウでは持ち手部分がうまい具合に曲がっているので、手首への負担が少ないです。

あと、バーベルスクワットみたいに肩に担いでみましたが、これも大丈夫でしたね←あまりやりませんが。ベンチプレスなんかでも一応使えそうです。

ただ難点がひとつあったんです。というのはWバーに付属でついてくるプレートを固定するためのカラー。これが非常に使いにくいというか、やっぱりネジ式というのは重さを頻繁に変えるときには時間が掛かって面倒なんですよね。重さを少しずつ落としていくような筋トレのやり方だとサクッと変更できないと、間が空いてしまい良くありません。

そこで見つけたのがコレ。

クリップ式のプレート止めを発見し即購入、筋トレの効率向上に

買って良かった筋トレグッズ2つ: Wバーとクリップ式バーベルプレート止め

なるほど世の中には便利なものがありますな、やっぱww。ネジ止めではなく、バネでシャフトをクリップしてプレートを固定するタイプのものがあるんですよ、私知りませんでした。

値段もそんな高いものではないので、速攻購入してみました。

買って良かった筋トレグッズ2つ: Wバーとクリップ式バーベルプレート止め

プレートと干渉しないように角度が付けられます

買って良かった筋トレグッズ2つ: Wバーとクリップ式バーベルプレート止め

これはいいですね。最初は挟むだけだから固定力は疑問だったんですが、結構タイトにプレートをシャフトに固定してくれます。ダンベルと違ってWバー含めたバーベルシャフトは斜めにするということがほぼ無いので、これでもう充分ですね。

もちろんこれでシャフトを挟むだけなので、プレートの付け替えはサクッと出来ます。

これからWバー買う人は、このクリップ式のカラーも一緒に買うと幸せになれますねw

以上、筋トレ効率向上グッズのご紹介でした(^^)v

ダンノ↓のほうは1個の価格です。