正しいクレジットカードの選び方:リーマン歴20年を超える管理人おすすめ5選 ☆ 新社会人の君に

今回は、新サラリーマンにおすすめのクレジットカードの選び方と、管理人がオススメするクレジットカードをご提案してみたいと思います。

なんせこちとらリーマン歴20年超えですので、経験に基づいて書いてます。たんにクレジットカードをだらだらリストして紹介しているようなサイトとは違いますので、あしからず。

想定している方は、関東圏在住で通勤に電車やバスを使い、買い物にカードを使用される社会人・サラリーマン、です。

一番重要なのは、日常でどう使用するかを想定したクレジットカードの選び方

まずはここを押さえましょう。

クレジットカードの選び方:リーマン歴20年を超える管理人のおすすめ5選 ☆ 新社会人の君に

丸の内16 by kuzyoken

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

交通系のカードは一枚必須、プラスアルファで買い物用を数枚でOK

基本、勤め人は通勤がありますよね。

なので定期券を持つことになるのですが、まずはこれをクレジットカードと統合してしまうことを考えましょう。

これで通勤や移動に発生する費用はこの一枚で支払うことになります。

クレジットカード=定期券、になります。

関東圏ではSUICAかPASMO付のクレカを選択!

交通系のクレジットカードというと、SUICAやPASMO付になりますね。

通勤のメインがJRならSUICA、私鉄や東京メトロなどの地下鉄・バスならPASMOという選択になります。これはあなたが主に使用する交通機関でどちらか選択します。

SUICA付、もしくはPASMO付のクレジットカードは、いくつか種類出ているので、気に入ったものを選びましょう。

もちろんSUICA・PASMO付なら普通に電子マネーの代わりに使えます。

オートチャージと言って、ある一定額を下回ったら自動でクレジットカードからお金をチャージしてくれる機能が超便利です。管理人は3,000円を下回ったらオートチャージするようにセットしています。

SUICA・PASMOは電子マネーとしても広く普及していますので、コンビニをはじめいろいろなところで使えますからね。これでかなり現金を持ち歩くことが少なくなり、キャッシュレスに近づきます。

これでクレジットカード=定期券=電子マネー

となりました。

SUICA・PASMOなら、電車やバスを利用すれば利用するほどポイントがたまります。これはクレジットカードのポイントとは別ポイントになりますのでオトクですよ。

MASTER, VISA, JCB, AMEX・・・信販会社はどれを選ぶ?

はい、これはどれでも良いです。

JCBなら国内系が強いなどありますが、正直、自分のカードが信販会社の関係で使えなかったことはほとんどありません。

最低限、MASTER or VISA or AMEXで一枚、JCBで一枚あれば充分です。

日常生活で発生する固定費を一枚のカードに集約する

これで交通系の支払と電子マネーでの支払は一枚のカードに集約出来ましたね。これだけで、持ち運ぶカードは一枚になってラクだし、ポイントも結構たまっていくと思いますよ。

次にやることはさらに日常生活で定常的に発生する固定費の支払をクレジットカード経由にしてポイントの増加を加速させます。

例えば:

  • 電気料金
  • 水道料金
  • ガス料金
  • 電話料金
  • スマホ料金
  • ネット料金

これらをすべてクレジットカード払いにします。

これらは定常的に発生する固定費です。よって月々の支払いが続くわけですから、知らず知らずのうちに、かなりのポイントがたまりますv

もちろんさっき作った交通系のカードに集約させても良いのですが、ここで何かあったときのバックアップの意味も込めて、新たに一枚作るとよいでしょう。

このカードはこれら公共料金の支払+電子マネー以外の買い物用として使います。

2枚目は、そのカードのポイントやメリットで自分にあったものを選ぶとよいですよ。

たとえば、旅行が好きで飛行機代を節約したいなんて人はJALカードやANAカード、買い物はもっぱらネット中心というひとはAmazonカードや楽天カードというふうに。

管理人のカード運用をご紹介、こんな風に使っています

管理人は2枚のカードを薄いカードケースに入れて、いつも持ち歩いています。

このおかげで現金を持ち歩く場面がかなり減りましたね。

  1. PASMO付MASTERカード:定期券+バス料金&電子マネーのPASMO(クレジットカードでの使用はPASMOチャージと定期券更新の支払のみ)、タッチ使用のみなのでカードケースに入れっぱなし
  2. AMEXカード:電気・ガス・水道など公共機関の支払に登録、実店舗・ネットでの買い物用メインとして使用

2のカードのポイントは、JALのマイルが貯まるようにセットしていますが、年間で国内なら往復の飛行機代がタダになるくらいポイントが貯まりますね。

マイルだけ貯まれば良いなんて人は、マイルだけに集中するような設定もいいですよね、これでマイラーになりますよww

たとえばJALのSUICA付カードを選択してそれ一枚ですべて運用するような使い方、もしくは2枚ともにマイルが貯まるようなカードを選択するなどです。

とにかく要点としては、複数のカードにポイントを分散させるのは効率が悪いので、メインのカードは1~2枚に固定して支払を集中させる、これが効率の良いカードの使い方だと思います。

管理人がおすすめのクレジットカード5選

では、以上を踏まえて管理人がおすすめする交通系と買い物系のカードをご提案しますね。

まずは交通系から SUICA/PASMO, JAL/ANA

JALカードSUICA

JALカードにSUICAの機能がついたもの。

電車乗ってもマイルがたまる、JALマイルためるなら鉄板のカード

入会後1年間年会費無料(2年目以降は2,160円)



* メニュー→普通カードからJALカードSUICAを選択

東京メトロのTo Me Card

このカードは東京の地下鉄をよく利用される方なら持っていて損はないです。

PASMOも付けられるので「バスと地下鉄で通勤」なんて人は使い勝手がいいですね。地下鉄に乗れば、東京メトロ独自のメトロポイントがたまります。

普通カードなら年会費無料。

サイト 東京メトロ To Me Card

お次に買い物系で AMAZON/楽天, その他

楽天カード

言わすと知れたネット通販の大手、楽天市場。

年会費永年無料で、入会+1回利用で5000ポイントもらえます。

サイト 楽天カード

AMAZON MasterCardゴールド

ネット通販の王者、AMAZONのゴールドカード。

これはAMAZON MasterCardクラッシックと呼ばれる普通カードもありますが、メリットからこのゴールドカードを提案します。

このカードは年会費はかかりますが、何と言ってもAmazonプライム特典(年会費3,900円)が無料で付いてくることが大きなポイント。これだけでもメリットありまくりですね。

さらにAMZONポイントが1.5倍になります。

Amazonでの買い物が年間約10万円前後ある方は、年会費分のモトを十分取ってメリットを享受できます。

サイト Amazon MasterCardゴールド

イオンカード

近くにイオン系の店舗があって、良く買い物される方ならイオンカードもいいですよねー。毎月20日・30日は買い物代金5%オフですよ☆

イオン系の店舗とは:全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュー、ミニストップ、など

WAONという電子マネーが付けられます。

年会費は無料ですね。


イオンカードはSUICA付も選べますね。

以上、管理人がオススメするクレジットカードと選び方でした。