帰宅後の晩酌をやめるには ~ 晩酌はダイエットの敵

2チャンネルに禁酒板があってその板では「無事です」が合言葉なんですね。

「無事です」は「お酒呑んでません」、という意味です。そういう意味では私、

無事ではありません 爆

※ この記事は以前のブログ記事を引越・再編集したものです

帰宅後の晩酌を止める ~ 晩酌はダイエットの敵

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

帰宅後の晩酌をやめる行動計画

一昨日は晩酌の誘惑に負けることなく、「無事」だったんですが、昨日はやはり帰宅直後の誘惑に耐え切れず缶ビール2本ほど呑んでしまいました(ガクッ

どうしても長い通勤(1.5時間)を耐えて家に辿り着くと、ホッとしてリラックスモードに入ってしまうせいか、缶ビールを「プシュッ」と空けたくなってしまうんですよね~。これを私の中では「プシュッ病」と命名しました^^。

帰宅して着替えてリビングの椅子に座って落ち着いてからの10分間がヒジョウ~にやばいです。しかし今までの経験から、そのやばい時間を耐えて風呂に入ってしまうとスッキリしてリセットするせいか酒は飲みたくなくなります。

まさに「帰宅直後の魔の10分間」なんです。

たぶん帰宅したら落ち着かずに、すぐに風呂に入ってしまえばいいんだろうな、と思うのですが、ちょうど私が帰宅する頃は家族が風呂に入っており、どうしても 10分から20分ほど待たなくてはなりません。もちろん帰宅するまで風呂 待ってろ、とは言えませんので、何か他に代替行動ないか、いくつか考えてみました。

帰宅して着替えたら風呂入るまでに:

  1. 軽い筋トレをする
  2. 犬の散歩に行く、もしくはウォーキング
  3. 読書する
  4. パソコンをやる

会社でわりと目を酷使して帰ってくるので3と4は却下かな。1か2がいいかな。1なら平日の軽い筋トレということで週末トレで手が回らないところ、例えば前腕とかふくらはぎ、を順番に鍛えていくとかですね。2はその時の体調により1が出来ないときのバックアップ案ですな。

という訳で帰宅してからの行動プランを次のように設定:

  1. 帰宅
  2. コップ一杯の水もしくはプロテインを飲む
  3. 着替える
  4. 筋トレ or ウォーキング
  5. 入浴
  6. ストレッチ
  7. 軽く読書@寝床
  8. 就寝

しかし、ひょっとしたら禁酒は禁煙より難しいかもしれませんね。酒は日常生活の中にありふれてますから。

ア ルコール依存症というのは、酒呑んだら暴れるとか、そういうものでは無くて「自分でお酒の量をコントロールできない」ことを言うそうです。そういう意味で 私は「今晩はビール1本にしておこう」と思っても最終的には2本、3本と呑んでしまい、「酒量をコントロール出来ない」ことが多いので軽いアルコール依存症なのかもしれません。

やっぱり晩酌しないと、翌朝のカラダの締まり具合がぜんぜん違うので(特に腹回り)、普通に酒呑まなくてコントロールできるようになるまで禁煙同様に諦めずに頑張ります。

もちろんトライ&エラーOKで^^、きちんと止められるまで継続継続(w。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

kurisan1970をフォローする