禁酒の効果:アルコールの眠りと筋トレへの影響

ちょくちょく断酒・節酒について書きましたが、ここ1~2週間はうまくお酒をコントロールできています。

筋トレやる日は呑まない、平日で本当に呑みたいと思った日だけ、缶ビール1~2本で済んでいますね。

そこでプチ禁酒してみて管理人が感じた効果をまとめてみました。

結構すぐに効果を感じられるので、オススメです。

禁酒の効果:アルコールの眠りと筋トレへの影響

training day by Suketu Gajjar

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

禁酒してみてわかったカラダへの効果とアルコールの悪影響

ノンアルコール・ビールも試してみましたが、私にはやっぱ向かないですね~。

美味しいんですけどね。やっぱり呑んだ気がしない(w。

これだったら量をコントロールして本物のビールを飲むほうがよっぽど精神的にも良さげです。

ということでお酒飲むと言っても週に1度ぐらいに激減して、逆に「ほぼ呑まなくなった」といっていいと思うのですが、今のところ体感できている効果を挙げてみます。

朝の体の引き締まり:

特に晩酌+おつまみでお酒呑んだ翌朝というのは、なんとなくですが体がプヨってる(笑、気がします。それに比べて酒抜きだと朝はキュッと体が引き締まりますね。

またおつまみの分、夜に食べる量が確実に減るためかお腹の食べ物が残留している感覚も無くなりました。

朝から意識明瞭:

お酒を呑んで寝た翌朝というのは、なんとなくダルイ感じがするし、目が完全に覚めるまで割りとボーっとする時間が長めです。

お酒抜きですと、もう朝の起き抜けから体も頭も「READY!」状態でシャキッとしています。まぁ、これが普通なんでしょうけどね~。

眠りが深くなった:

私は毎朝5時30分に起床するのですが、眠りが深くなったせいか今は4時ぐらいに一度目が覚めます(w。

アルコールを摂らないため普通に眠りが深くなったこ とが主な理由ですが、もう一つは、夜呑んで寝なくなったため、夜中にトイレに起きるということがなくなり、眠りを邪魔されなくなったことがあります。

また昼間 眠くなるということもかなり減りました。

筋トレのほうへの効果は、これはすぐには体感できませんが、以前に比べて少し回復が良くなったのと扱える重さが増えました。

特にせっかく筋トレやった日に呑んで寝てしまうと、翌日の筋肉痛が普通に比べてかなり軽くなってしまうことが分かります。また筋トレをやった満足感も減ります。

呑まないときっちり筋肉痛が起こりますし、その後の休養により回復して以前より少し強くなっている感覚はあります。

やはりアルコールは何らかの形で人 間の本来備わった超回復のプロセスを阻害してしまうんでしょうね。

最低限トレーニング後には呑まないように(私の場合、土日に筋トレやるので土日は呑まない)、平日もお酒の量をコントロールできるようにこの状態をキープしていきたいです。

P.S. 2016年5月からダイエットのため断酒に入りましたので、今は全然飲んでません。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

kurisan1970をフォローする